移動演劇桜隊平和祈念会は、

1945年8月6日広島の原爆で命を失った移動演劇桜隊を追悼し、

目黒の五百羅漢寺に建立された原爆殉難碑を継続して守っていくことを理念と掲げ、後世に桜隊を継承するための活動を行っております。

当会は、過去40年以上に渡り活動してまいりました「移動演劇桜隊原爆忌の会」を、2021年より「移動演劇桜隊平和祈念会」へと名称を改めており、現在は劇団事業部は廃止となっております。

 なお当会は、「劇団・移動演劇桜隊」「移動演劇桜隊」等の名称で演劇興行活動を行う団体や、劇作家丸仲恵三氏とは一切関係はございません。移動演劇桜隊に関するお問い合わせは当会にご確認いただきますようお願いいたします。

戦後、徳川夢声氏の呼びかけにより、目黒の五百羅漢寺に「桜隊原爆殉難碑」が建立されました。
当寺において、毎年8月6日追悼会を開催しています。

2022年8月6日(土)被爆77年 移動演劇桜隊平和祈念会 原爆殉難者追悼会をいたします

 

※2022年の追悼会は無事に終了いたしました。たくさんの方々にご参加いただき、まことにありがとうございました。

2006桜隊碑.JPG
Twitter_Logo_Blue.png

Twitter